上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
小出しに更新しております三重B級グルメ。
今回も元気に小さく刻んでまいります。前回ご紹介した「津ぎょうざ」の店、餃子日和のすぐ近くに「カレー焼き」なる看板があります。カレー屋ではなくカレー焼きてす・・・ちょっと意味がぜんぜん分かりませんね。



この「カレー焼き」こそ津の裏B級グルメと言っても過言ではない逸品なのだそうです。B級でさらに”裏”ってどんだけマイナーなんだという話なのですが、このカレー焼きこそ全国的にも三重県的にもあまり知られてないのに津市に限定して超メジャーと言う津市民のソウルフードであり「常食」ともいうべき存在です。

ちなみに福岡には「焼きカレー」というカレードリアのようなメニューがありますが全くの別物です。「カレー焼き」とはこんなビジュアルです。




矢追さんもビックリの葉巻型UFOのような不思議な形をしていてインパクトがあります。外側は今川焼きや大判焼きのようなフワフワ・アツアツの皮に包まれていますが、それよりもずっと大きくてかなりボリューミー。そして中を割ると豪快にカレー部分がお出まし。



矢追さんもビックリの葉巻型UFOのような不思議な形をしていてインパクトがあります。外側は今川焼きや大判焼きのようなフワフワ・アツアツの皮に包まれていますが、それよりもずっと大きくてかなりボリューミー。そして中を割ると豪快にカレー部分がお出まし。



中のカレー餡の部分は豚肉、牛肉、ジャガイモ、キャベツなどにもんじゃ焼きのようなとろみがついており、とにかく他のどの食べ物とも似ていない不思議な食感です。そして焼きたてアツアツの状態で食べるととにかく美味い。これはもっとメジャーになってもいいと思わせる超ローカルフードでした。

カレー焼き さかえや
コミュニティ検索 »
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。