上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
駅前の歩き方でも紹介されている埼玉県行田市の名物「ゼリーフライ」を食べてきました。

埼玉県行田市・・・それは「フライ」および「ゼリーフライ」という2種類の謎のローカルフードが存在する町。泰葉風にいえば「フライディ行田タウン」とでも言いましょうか。言う必要ないですけど。

なんでも「フライ」は別に揚げ物ではなく、「ゼリーフライ」もゼリーとは無関係。さらには「フライ」と「ゼリーフライ」はビジュアル的に全然別物という、素人にはその名前を聞いてもどんな食べ物がまったくイメージできない超マニアックなB級グルメであります。

実際、行ってみて驚いたのですが行田といえば・・・・


これといって何もない町ですね。みわたす限り普通。埼玉県のちょっと寂れた町並みです。・・・いやいや、観光客などには一切媚びてないハードボイルドな町として逆に好感が持てます。男のB級グルメはこうでなきゃいけません。





というわけで行田市フライマップによると「フライ」と「ゼリーフライ」が同時に食べれる店はそんなに多くないため、その両方が食べられる店「かねつき堂」に行ってみました。

中に入ってみると・・・スゲー混んでる。昼時とはいえ、町には歩いている人など全くいなかったというのに。ここにはギッシリと。もしかして行田市の全人口がこの店に集結しているというのかっ!(実際は10人ぐらいです)





で、早速「フライ」と「ゼリーフライ」を頼んでみます。ほうほう、「ふらい焼きそば」そういうのもあるのか・・・。





こちらはノーマルの「フライ」のほう。分かりにくいと思いますが小サイズを頼んだのにすごくでかいです。厚さこそお好み焼きの半分ぐらいの厚さですが、円い大皿に一面にビローンと広がっております。想像以上のボリューム感です。これで300円か・・・行田恐るべし

お味のほうは、まさに具無しのプレーンお好み焼きといった感じ。ソース味か醤油味で、トッピングに七味と青海苔でいただきます。しかし・・・食べるほどに「粉」を感じることができるまさにキングオブ粉モノ。はじめは旨いのですがいかんせんこの量。半分ぐらいで飽きが来る・・・。





こちらは「フライ焼きそば」の方。焼きそばをフライでクレープのように包んでおります。こちらも小サイズのクセにやたらデカい。・・・っていうかみんなが「フライ焼きそば」とか「卵入り」とかを頼んでる意味がようやっとわかりました。フライだけだと単調すぎて途中で飽きます。こうして食べるのが正解なんですね。





こちらが「ゼリーフライ」こちらは本当に揚げ物です。コロッケのようなビジュアルですが、中身はおからとジャガイモとのこと。やはりというか・・・ゼリーとは全く関係ない模様。ちょっとだけゼリー的なものも期待してたんですけどね。しかしまわりがサクッと、中はしっとりとしていて、これはなかなか旨いです。さすがB-1グランプリに出るだけのことはあります。

ゼリーフライも2つで200円。フライとゼリーフライで500円もあれば夢に見るほど腹いっぱいになれます。行田のコストパフォーマンス恐るべし。



行田を後にして、まだまだハードボイルドな埼玉B級グルメの旅は続きます。続きましての埼玉ローカルフードは東松山市の「やきとり」。東松山のやきとりは凄いです。なにが凄いって「やきとり」なのに使っている肉は「豚肉」です。やきとんではなく、あくまで「やきとり」。ネーミングが大胆不敵すぎる




例によって事前に調べておいた東松山市やきとりマップに掲載されていた「大松屋」へ。
メニューがすっごいシンプル。「カシラ」「白」「レバー」「タン」とかしかありません。とりあえず東松山のやきとりといえば「カシラ」のことらしいので注文。すると、中でやきとりを焼いていたおばあちゃんに、カシラは「いらない」というまで勝手に出てくるので注文不要とのこと。なるほど・・・いわゆる亀戸餃子方式ですか。これまたハードボイルドだなあ。




これが東松山名物「やきとり」(豚のカシラ肉)。秘伝のピリ辛味噌ダレをつけていただきます。ただの豚肉ではなく独特のコリッとした歯ごたえがあるのですが、これが凄く美味い。食べ始めると永久機関のように食べてしまうほどの美味さです。なんでこんなに美味いんでしょうか。豚のくせに・・・この金髪豚野郎!(金髪は関係ありません)




口直しに頼んだやきとり以外の数少ないメニュー「きゅうり」。やはり味噌ダレでいただきます。・・・・このキュウリは正解だった。豚づくしのなかですっごく爽やかな存在だ

このやきとりも一本あたりがかなりでかいのに120円で、2000円もあれば食べて飲んでお腹いっぱいになれます。埼玉のグルメは財布にも優しいなあ・・・。

どうやら埼玉県は埼玉県単独でご当地グルメ選手権が成立ほどのB級グルメの聖地のようですね。B級グルメ好きは埼玉に引っ越せばいいんじゃないかと思う。


コミュニティ検索 »
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。