上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
雑記 | 2008/10/14(火) 19:38
J君が子供の頃の絵本といえば「ごんぎつね」とか「ぐりとぐら」とか「バーバパパ」が熱かったわけです。皆さんにも世代世代に心に刻まれている絵本っていうのがあるんじゃないかと思うんですよね。「ごんぎつね」なんてもうJ君の中で相当トラウマになってます。ラストのセリフ「ごん、おまえだったのか、いつも、くりをくれたのは。」っていうセリフだけで相当泣ける。そのぐらい子供の頃に読んだ絵本というのは、大人になっても強烈な影響力があるものなのです。

しかし最近の絵本で熱いのは実は「うんち&おしっこ」ネタだということを知りました。そして、その数たるや異常に多い!

その1
その2
その3

タイトルがまたダイレクト且つ大胆すぎます。軽く取り上げただけでもすごい事になっています。

「うんちがぽとん 」
「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご 」
「うんちレストラン」
「うんぽっとん」
「うんちだうんちだしゅっぽぽ~」
「たべたらうんち」


・・・もうね、「うんちレストラン」とか悪夢過ぎる。どんな逆ミシュランだよという話です。
どれもこれもいい大人が口に出して言うと、確実に病院か警察に行く事になりそうですが、絵本だとこのタイトルが許されるという不思議。絵本のもつピュアなイメージのなせるワザですね。これを読んだ子供たちが大人になってから「聖水プレイ」とか「黄金プレイ」とか言い出さない事を祈りたいです。

コミュニティ検索 »
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。