上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
そんなに責められたら壊れちゃう!(傘が)
台風で傘が壊れました。久しぶりに東京も凄いのが来ましたね。帰り道、折れた傘があちこちに散乱していてちょっとした北斗の拳でした。(世紀末救世傘伝説)

全然関係ないんですが、新政権になりましたね。普段は政治のことなんか全く関心を示さないJ君ではありますが、安倍新政権に是非とも検討して頂きたい法案があるんですよ。それは「豆腐縦置き禁止法」です。

近所のスーパーでですね、買った商品数が少ないと、レジの姉さんがレジのついでにスーパーの袋に商品を入れて渡してくれるんですよね。それはいいんですけど、豆腐をね、縦に入れやがるんですよ。縦に。バーティカルにです。しかも偶然ではなく2回連続でやられました。これは非常に由々しき問題ですよ。豆腐のアイデンティティに関わる問題と申しあげたい。

あんまりピンと来ない人にご説明しておくと、最近流行の男前豆腐やカリスマ豆富といったセレブ系高級豆腐は、豆腐がガーゼにくるまっていて、上げ底の容器に収まってるんですね。上げ底になっているので、スーパーに陳列しておくだけで豆腐の水が容器の底に落ちて自然に水が切れるという仕組みです。スーパーに置いてある数時間をかけて自然に水切りがされるからこそ柔らかくも適度に締まった豆腐の味わいが出るわけですよ。

それをね、レジのお姉さんが袋に縦に入れてくれちゃったらどうなるか?せっかく切れた容器の底の水が逆流して豆腐が水浸しです。ウォーターイズバック。お前、何してくれちゃってるんだと。そういいたいわけですね。せっかく時間をかけて水切りをしたのに一瞬でパー。ユーのやったことは悠久の時を経てわずかに滴る地下水だけで作られた鍾乳石をハンマーでポキッと折ったり、数百年の時を経てプランクトンの力によって作られた美しい珊瑚礁を破壊する行為と同じなんですよ。全然同じじゃないかもしれないけどとにかく豆腐は縦に入れんな!と。

とにかく豆腐を縦に入れる人には厳罰を処したい次第なんですよ。法律じゃなければ条例でもいいので厳しく罰して頂きたい。それでも無理ならJ君が恐るべき拷問を考えているんでそれを採用してくださっても構わないですよ。

その恐るべき拷問とは何か。ズバリ「シャンプーの容器の中身が全部知らない間ににがりにすり替えられているの刑」です。いくらシャンプーを新しく買っても、気がつけば中身は「にがり」。おお、何と怖ろしい。つまり、罪を犯したものはその後は一生「にがり」でしか髪を洗うことができなくなるのです。そう、貴方の髪には永遠にキューティクルが戻ることがないのです。カピカピ。エターナルカピカピヘアーです。

豆腐の恨みとはかくも怖ろしいものなのですよ。
トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abl.blog22.fc2.com/tb.php/482-dd778508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。