上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
杏仁豆腐 | 2005/06/13(月) 00:26
こんにちはJ君です。食べたくない人にも無理矢理自分の趣味趣向を押しつける杏仁レポートの時間がやってまいりました。ここのところ、5月病のせいか杏仁疲れが激しく、しばらく杏仁豆腐を体が受け付けない日々が続いたのですが、ようやっと回復しましてレポートの更新に至ります。

なんでそこまでして無理して杏仁豆腐食うんだ?嫌ならやめればいいじゃないかという意見もあるかと思いますが、全くもって同感です。何やってるんだろ俺。

ええと、本日ご紹介するのは、杏仁豆腐の中でも比較的古くからある銘柄でなおかつ異端児的存在の「クックドゥー 杏仁豆腐」です。中華合わせ調味料のブランドとしてチンジャオロースや麻婆豆腐などのソースで有名なこのクックドゥシリーズですが、クックドゥにかかればたとえ杏仁豆腐といえど「合わせ調味料」の1バリエーションにすぎないという解釈なのでしょうね。その発想恐るべし。



ちなみにこの「クックドゥー 杏仁豆腐」は最近ではすっかりお店で見かけないのですが、たまたまJ君の家の近くのドラッグストアに1パック100円で投げ売りされていたので、なんだか道ばたに捨てられた子犬を拾うような気持ちでついつい買ってしまいました。

通常粉タイプの杏仁豆腐は熱湯で粉を溶かし、その後牛乳を混ぜて2~3時間冷やし固めるというパターンなのですが、このクックドゥシリーズはレトルト状の半製品のため、いきなり牛乳を混ぜ合わせてかき回しているだけでみるみる固まってきます。これは楽です。

味も感触も非常に杏仁豆腐として全く申し分ないのですが、なんかこうしっくり来ない。「クックドゥー 杏仁豆腐」が異端児っぽい点はここにあります。つまり、なんだかフルーチェを作ってるみたいな気分になるのです。フルーチェ杏仁味みたいな。

特にフルーツが入ってるわけでもなく、メーカーもそもそも違うのでフルーチェとは別物なのになぜこんなにフルーチェっぽいのか。そのフルーチェっぽさ故に、常に異端児扱いされた悲劇の杏仁豆腐。それがこの「クックドゥー 杏仁豆腐」なのです。

そんなことを考えながら食べていたらちょっと泣けてきました。杏仁豆腐を食べながら泣いたのはこれが初めてです。
コメント (0) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abl.blog22.fc2.com/tb.php/250-d0633f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こんばんは、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今夜は、大手テキストサイトにトラックバックを張って、おこぼれに預かっちゃおう大作戦としてBLACK徒然草様にトラックバック送ってしまいました。ド外道です。さて、今夜のテーマは杏仁豆腐。巷でひそかなブームです。か...
2005/06/13(月) 01:16  VIEWfromBLUESKY バイト塾講師の戦い
コメント







非公開コメント
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。