上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
2005年3月末、多くのファンに惜しまれながら閉店した伝説の喫茶店「談話室滝沢」。未だにその余韻が残る中、ポスト滝沢の最右翼とされる「椿屋珈琲店」が遂にオープンしたので行ってまいりました。

ポスト滝沢の最右翼とされる理由はズバリ、滝沢跡地に開店したからという点が大きいのですが、今回は池袋の滝沢跡地にできた「椿屋珈琲店 池袋茶寮」に行ってまいりました。


この看板の雰囲気からして滝沢の後継者たる趣を醸し出しています。


店の中に入りますと、これがまたすごくシックな感じ。滝沢では小倉抹茶な和風カラーで店内がコーディネートされていましたが、椿屋の方は見事な珈琲カラーの椅子や大正ロマンの頃の銀座を思わせる雰囲気のある内装。これは・・・まさしくセレブ好み。

メニューの方は滝沢のように全ドリンク1000円均一などというスパイシーなことにはなっておらず、700円台から1000円のものまで幅があるようです。それでも牛丼が3杯食える価格のカフェオレというのは、やはり十分にセレブ価格であることにかわりはありません。


本日J君がチョイスしたのは、椿屋スペシャルカフェオレ1050円也。なんと店員さんが目の前で注いでくれるというまさに選ばれし者のためのカフェオレである。J君の前にはコーヒーで作られた漆黒の氷が敷きつめられたグラスが置かれ、店長さんと思わしき男性が黄金色に輝くポットからミルクをなみなみと注ぐ。それがこの椿屋スペシャルカフェオレ。うーんすげえ。いろんな意味で。

滝沢のようなおかわり制度や謝恩券といったギミックがないのがJ君としては残念だが、滝沢を失い談話室ジプシーとなった中高年の憩いの場所としては十分ポスト滝沢になりうると感じました。


真のセレブを目指す漢なら、1600円の椿屋アフタヌーンティセットに行ってみるのもいいだろう。ケーキやらサンドイッチやらでなんだかすごい三段重ねのブツが出てくる模様。昼下がりにこの黄金の三段重ねを頼む根性があれば、上級セレブの資格は十分にあるといえましょう。
コメント (1) | トラックバック (4)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://abl.blog22.fc2.com/tb.php/249-f07c995c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
2005/06/12(日) 15:16  それ!行け!ゆうすけ日記
はづきちゃんと会うまで時間があったので、一人で街をウロウロしていた私。服を見たりしたのですが、あと少し待てば夏服のバーゲンが始まるので我慢です。あまりに暑かったので、ロッテリアに入ってロッテリアシェーキを飲むことにしました。普段シェイクなんて飲まな
2005/06/28(火) 04:05  有明の月
はづきちゃんと会うまで時間があったので、一人で街をウロウロしていた私。服を見たりしたのですが、あと少し待てば夏服のバーゲンが始まるので我慢です。あまりに暑かったので、ロッテリアに入ってロッテリアシェーキを飲むことにしました。普段シェイクなんて飲まな
2005/06/28(火) 04:06  有明の月
先日、母と買い物に行ったと書きましたが、そのときのことをもう少し。ちょっと疲れてお茶でもしたいなぁと思っていたら、見慣れない看板が{/new_bk/}“椿屋珈琲店”このお店、初めて見た。ちなみに、私、池袋は詳しいです{/hikari_blue/}っていうか、ここ“談話室 滝沢”
2005/10/29(土) 18:17  Forever and ever
コメント

はじめまして

トラックバックさせていただきました。
談話室滝沢が閉店していたこと、つい最近まで知りませんでした。
でも、椿屋珈琲店の方が、まだ時代に合ってる気がします(>_<)
2005/10/29(土) 18:21 neko URL [編集]







非公開コメント
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。