上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
「誰からも後ろ指を指されない社内ニートになるための10の方法 」

仕事は形から入ることでおなじみマニュアル大好きマニュアリーマンのJ君は今まで幾多のビジネス指南書を読んできましたが、正直これが一番役に立つと思った。デール カーネギーの「人を動かす」あたりよりよっぽど実践的。悪い意味で

「会社にいて仕事をしないのは、仕事をすることより難しい」
「義務と責任の狭間に咲くあだ花、それが社内ニートです」
「自分はラクして、他人に気持ちよく働いてもらう。それが社内ニートの真骨頂です。」
「たいがいの中小企業の社長は、人望と調整能力だけのボンクラです。」


名言の宝庫だなあ。勉強になった。
そして、この日記が会社バレしたらJ君のリーマン人生は終わると思った。



スポンサーサイト
コミュニティ検索 »
雑記 | 2008/06/11(水) 19:33
映画評論家、水野晴郎さん死去

実にさみしいですね・・・。
一時はシベ超は永遠に終わらない、ロード13章よりも長いシベ超ロードか?という噂もあったぐらいですが。(RAPシベ超とか出した時は本気でそう思ってた。)・・・残念です。

当サイトでは、過去にシベ超1~3をレビューしましたが、今思えばシベ超1だけがありえないほどの超カルト映画で、2や3は予算もグレードアップしキャストも豪華となり、かなり楽しめるサスペンス映画だったように思います。晴郎たんの演技は除いてですが。とにかくシベ超1だけは別格。邦画界のモンスター。

ちなみにレビューしてない「シベリア超特急4」については、舞台作品ということでDVDで観るには観たんですけど、舞台だけあってシベ超1以上にゆる~いというか、予定調和感が漂っていて何度観ても途中で寝てしまい最後までたどり着けないというすさまじい作品だったためレビュー挫折。

そして「シベリア超特急5」についてはいつか観ようと思いつつ、なんだかんだでまだ観ていなかったのですが、是非観たいと思います。監督が逝去されてしまった今、レビューすることはないと思いますが・・・。


シベリア超特急レビュー
シベリア超特急2レビュー
シベリア超特急3レビュー

シベリア超特急4(公式サイト)
シベリア超特急5(公式サイト)
シベリア超特急6 1/2(公式サイト)
シベリア超特急0.07(公式サイト)





コミュニティ検索 »
雑記 | 2008/06/14(土) 23:18
教えてGooより・・・


Q 17年くらい前に読んだ漫画が思いだせないんです

昔中学生くらいに何となく読んだ漫画なんですが、今になって気になって仕方ありません。でもほとんど記憶がないのですが、もしわかる方がいたらお願いします。その当時読んでいたのが「りぼん」「なかよし」「ちゃお」「別冊マーガレット」などなどです。内容は高校生くらいの女の子が普段は普通の高校生なんですが、影では悪を倒すみたいな感じで、何か武器を使っていたように記憶しています。その武器も、曖昧な記憶の中では新体操の道具(リボン・ボール)だと思っていたのですが、そんな漫画ないような・・・と思っていたらなんとなく手裏剣だったかなともおもうし。その女の子は髪が長かった気がします。美少年もでてきました。美少年は謎めいていた感じです。こんな程度しかわかりませんがお願いします。



それに対する答えが・・・


A
一応、男性誌でよければですが、新体操の道具を武器にして戦うマンガです。
小杉彩/滝沢忍「闇のレオタード」
http://home4.highway.ne.jp/datzoido/manga/shioki/dl/darknessleotard.html
桂正和「ウィングマン」
http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/wingman/
黒岩よしひろ「変幻戦忍アスカ」
http://homepage1.nifty.com/rin-yuuki/index.html




この質問の流れで「闇のレオタード」を紹介するなんてなんという勇者。「闇のレオタード」の掲載紙って「ゴラク」なんですけど・・・。

コミュニティ検索 »
動画 | 2008/06/19(木) 13:59
独占!窪塚、CDデビュー&全国ツアー決定


歌詞は自身で書く。以前から率直で雄弁な男として知られるが、今回の全16曲でも♪見えてる世界が狭すぎ、♪テレビジョンなのにビジョンなし、♪駆け寄る息子が足絡ませ直撃したのは息子だぜ-などと社会の矛盾や、平成15年に結婚した妻と長男との家族愛など、日常で感じたことを気取らず等身大にユーモアを交えて綴った。



「テレビジョンなのにビジョンなし」
まるでAERAのキャッチコピーみたいですね。

ピースな愛のバイブス等々、窪塚先生は元々数々の名言を生み出す天才クリエイターだったわけですが、これから卍ラインがメジャーになっていくにつれて窪塚先生の研ぎ澄まされたセンスによるライムという名のダジャレが次々と生み出されていくのだと思うとワクワクしてきます。

窪塚先生はミュージシャンとしてはどうか分からないが天才的駄洒落クリエイターとしては後世に名を残す逸材だと思った。





コミュニティ検索 »
雑記 | 2008/06/20(金) 13:50
地元のコンビニ行ったら例のアレがえらいことに






もうやけっぱちですね、わかります。


コミュニティ検索 »
black news β

月別アーカイブ
 
カレンダー
 
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。